オオセグロカモメ、回復が順調で、今日は立ち上がるようになりました。
筋肉が衰えているので、放鳥にはもうしばらくかかりそうです。

友人のTくんがもう1羽別の場所で保護して、みてみるとまたオオセグロ幼鳥でした。
こちらはテグスが脛に食い込み、釣り針がそのうにかかっているとのことで、状態はより悪そうです。

d0146038_0203238.jpg思い出したので一昨年の画像。2006年11月、場所は相模湾側の海岸です。これもオオセグロカモメ幼鳥。右足にテグスがまきついて変色しています。

三浦半島ではセグロカモメよりオオセグロカモメのほうが圧倒的に多いので、オオセグロが多いのは理解できますが、幼鳥に被害が偏っている気がします。経験を積んでいない鳥だからテグスに絡まりやすい、というわけでもないと思うのですが…。まだ例が少ないので、もう少し様子を見ていきたいと思います。
[PR]
# by synthliboramphus | 2008-01-20 00:28 | 自然保護 Conservation
d0146038_022146.jpgトウキョウサンショウウオ♀。去年の2月に撮影しました。
神奈川県では三浦半島だけに分布しています。
[PR]
# by synthliboramphus | 2008-01-20 00:11 | 両生爬虫類 Herptiles
d0146038_2316074.jpgサンショウウオがいる谷戸です。今日はここで産卵池を掘りました。
トウキョウサンショウウオは生息地の破壊・陸化、アライグマによる食害などによりここ数年で激減しています。

今年はここでアライグマの捕獲調査のお手伝いをすることになりました。
一度はびこってしまった外来種を完全に駆除するのはとても難しいことです。
被害の起こりそうな地域で被害をガードするための一時的な捕獲ですが、それでもサンショウウオを保全していくためには有効な手段だと思います。

初めての経験になりますが、自分のできることをやっていきたいです。
[PR]
# by synthliboramphus | 2008-01-18 23:34 | 自然保護 Conservation
d0146038_21143354.jpg昨日10日に見つけたオオセグロカモメを保護しました。
とても衰弱していましたが、テグスはもうからまっていませんでした。
ほとんど餌を食べていないようで、ガリガリにやせていました。
きょうもチカをたくさん食べ、元気です。

この海岸でオオセグロカモメを保護するのは3回目(07年と06年に1羽ずつ)ですが、初めて放鳥できそうな気がします。以前の2羽はとても衰弱して餌もあまり食べませんでした。
[PR]
# by synthliboramphus | 2008-01-17 21:28 | 自然保護 Conservation
車に乗せていただいて海鳥を見てきました。
ウミスズメ、クロガモ、アカエリカイツブリ、ウミアイサなどが見られました。
冷たい空気と高い海水温のせいで陽炎が発生し、鳥はとてもみにくい状態でした。
数はあまり多くなかったけど濃い観察ができました。

d0146038_1773335.jpgホイグリン系カモメ成鳥
帰りにいつもカモメを見てる海岸に寄ったら、こんなカモメがいました。
右足付けねから出血しています。
何かに足を挟んでしまったのでしょうか。


d0146038_17215893.jpgオオセグロカモメ幼羽→第一回冬羽
このカモメは普通に見えますが、実は翼にテグスが絡まっていてまったく飛べませんでした(写真をクリックして拡大すると下尾筒のあたりからテグスが出ているのがわかります)。このほかにもう一羽嘴からテグスが出ているやつがいました。被害の程度はわかりません。
この海岸ではテグスの害を受けているのはなぜかオオセグロカモメの幼鳥が多いです(2002年ごろからの観察)。
[PR]
# by synthliboramphus | 2008-01-14 17:28 | カモメ Gulls
さっそく今日の報告を。

今日は午後から川に入ってイシガメの生息調査のお手伝い。
冬眠しているカメを探しました。
冬眠できそうな場所はあるのですが、見つかりませんでした。

三浦半島では、現在ほとんど繁殖できていないようです。
生息地の破壊、アカミミガメとの競合、クサガメとの交雑など、問題は山積みです。
人工繁殖させるしかない状況まで来ています。
[PR]
# by synthliboramphus | 2008-01-13 19:11 | 両生爬虫類 Herptiles
更新を半年近くサボり続けていたブログですが、再び始めようと思います。
まただらだらとやっていくつもりなので、よろしくお願いします(笑)

10月25日に大学の合格発表があり、某大学の生物資源学類(どこだか判ってしまいますね)というところに進学が決まりました。高校三年間かけてやってきたことが評価されたということはとても嬉しく、これからが勝負だなぁと思っています。

このブログについて。
conservation reportは、「自然保護予報」というニュアンスです。weather report(天気予報)のように、科学的な根拠から自然保護について考察するのが趣旨です(大それた事ですが、本気です)。
前ブログでは、僕の好きなカモメに偏った画像のブログになっていましたが、大学で勉強したり、自分で勉強したことも書きとめていけたらなぁ、と思っています。

アドレスの
wumizusume
はカンムリウミスズメの種小名で、オランダのテミンクが命名する際にSとZを入れ違えてしまったものです。

それでは、当ブログをよろしくお願いいたします。
[PR]
# by synthliboramphus | 2008-01-13 18:54 | 雑記 Others
【当ブログについて】
・関東在住の大学生の、鳥を中心に野生動物に関する観察記録・画像・動画などの備忘ノート的ブログです。
・観察記録をメインにしていますので、写真の画質はとんでもなく劣悪なものが多いです。ご了承ください。
・写真に種名がかかれていないことが多いです。リストから適当にご想像ください。
・種名は英名で書いてあることが多いです。スペルがしょっちゅう間違ってますがあまり気にしないでください。
・人が殺到するといろいろ困るケースがあるので、観察地等のメールでの問い合わせには基本的に応じません。
・画像・文章・動画の無断転載・盗用は厳禁です。やや無責任に書いてますので、引用を希望される場合は下記メールアドレスまでご相談ください。
・ごゆるりとお楽しみください。

【ブログ主について】
synthliboramphus(おでん屋,ODAYA Yoshiya)
1989年生まれ。鳥屋の大学生で、ウミドリ(アビ、ミズナギドリ、アホウドリ、トウゾクカモメ、ウミスズメなど)・カモメ類の観察が特に好きです。シギチやカモも好きです。
野鳥観察歴は5歳から17年くらい(ブランクちょっとあり)。写真はずっとてきとーです。
ライフリストもてきとーにつけてますが、国内だけで430くらい見てます。
バンダー(環境省鳥類標識調査の協力調査員)のライセンス取得のため修行中です。


【研究について】
保全生物学全般に興味があります。野生動物管理(Wildlife Management), 保全遺伝(Conservation Genetics)の2方向からアプローチすべく勉強中です。対象は鳥類・両生類(2011年現在)。
以下、工事ちう。

使用機材など
双眼鏡FUJINON 10x42MF (ピントリングがぶっ壊れました2010/10)
Vixen NEW FORESTA HR 8x32WP (2011/5~)
望遠鏡 PENTAX PF-80ED 36× (望遠鏡内からカラカラ音がします2008/2~)
コンデジ SONY Cyber-shot DCS-H10 (フラッシュが壊れました2010/7~, フラッシュ一部復活2011/5)
       SONY Cyber-shot DSC-WX10 (2011/9~ デジスコやりにくい…)

ご連絡は、
seabirdsjapan-odaya(at)r3.dion.ne.jp
までおねがいします。(at)を@に変えてください。

(2011/12/27 更新)
[PR]
# by synthliboramphus | 2001-05-22 00:06 | 雑記 Others