<   2011年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

長らく告知するのを忘れていましたが、

三浦半島のトウキョウサンショウウオの分布状況と保全に関する報文が、横須賀市立博物館の研究報告(自然科学)に掲載されました。
http://www.museum.yokosuka.kanagawa.jp/library/frame_library.html?SID=a55e801d9b79931398dd1c353ba30b22

2006-2008年に、三浦半島自然誌研究会の方と協力して行った調査の結果です。春に卵の数を数えて個体数の指標としました。三浦半島のトウキョウサンショウウオは1997年に行われた調査とくらべて、少なくとも4割減少しました。湿地環境の減少やアライグマによる捕食圧の増加、また一部の大規模な開発が減少の原因と考えられました。現地調査にご協力くださった皆様、貴重なデータを提供いただいた皆様に感謝いたします。

別刷りがほしい方は僕のメールアドレスに連絡ください。
[PR]
d0146038_1112959.jpg天王寺駅前


・9月の更新していなかったFNを何件か追加しました。ジシギの画像整理が9月6日分からできてませんので、整理したら適当に追記します。

・大学院に合格しました。系統進化の研究室に所属し、海鳥を対象に保全遺伝学的研究をする予定です。
・卒研の解析に大問題が発覚(9月13日)、ポスター大改訂(9月15・16日)、というかんじでばたばたしました。
・鳥学会@大阪市立大に参加してきました。公開シンポジウムをはじめ分類や、行動・渡り関係で面白い発表がいくつかありました。自分はポスター発表で話疲れました。次は口頭か要点を押さえたポスターで挑みたいです。

・9月から、バードライフ・インターナショナル・アジア・ディビジョンでmarine IBA選定にかかわるアルバイト業務で雇用されました。
・10月22~28日に新潟県福島潟でバンディング講習会の実技講習を受講します。
・11月中~下旬に国立科学博物館(つくば)で学芸員実習を受講します。
・10月31日~12月上旬に霞ヶ浦周辺で卒研の野外調査(秋期)を行います。

・というわけで、どたばたと忙しいシーズンに突っ込みそうです。しっかり心と体の準備をしなくては。
[PR]
by synthliboramphus | 2011-09-26 01:12 | 雑記 Others
一気に季節の進んだ農地を回った。まともに関東でジシギを見るのは2週間ぶり。
オオジと思った第一回冬羽個体を見た。雨覆の羽縁は明瞭に太く白く、三列の模様も申し分なく、望遠鏡で見た瞬間、「オオジ!」という個体だった。写真は顔(の一部)しかとれず。
ムナグロの群れ中に白くて大きい個体を双眼鏡で発見!米国産かと思ってしまった…。紛らわしいので、頼むから田んぼを通過しないでほしい。2羽いた。


2011/9/25 Ibaraki & Chiba pref.

Swinhoe's snipe 3;2ad-w&1juv+1w
Latham's snipe 1juv latest record I've ever heard.
Common snipe +++

Pacific Golden plover 50+
Grey plover 2juv.
Little ringed plover +++
Oriental plover 1juv-1stw
Mongolian plover 1juv
Red-necked stint 3juv
Long-toed stint? 1juv
Sharp-tailed sandpiper 1juv
Ruff 2juv.;1male1female
Marsh sandpiper 8juv
Greenshank 3juv
Wood sandpiper +++juv
Black-winged stilt 1ad
Peregrine falcon 1juv
Kestrel +

d0146038_21363023.jpgチュウジ

d0146038_21365123.jpgチュウジ(上と別個体)
d0146038_2133770.jpgオオジJ
d0146038_21325795.jpg
d0146038_2134126.jpg

d0146038_2137944.jpg

d0146038_21382460.jpg

[PR]
by synthliboramphus | 2011-09-25 21:39 | 鳥見 Birding
2011/9/23 Ibaraki pref.
8;45-11:35

Grey-faced buzzard 63
Japanese buzzard 3+
Goshawk 5+
Kestrel 2+
Hobby 1
Spotted flycatcher 1
Stonechat 2


8:45サシバJ1オオタカ♂?A1ツミ?1
9:06サシバ9
9:09ノスリ3
9:11サシバ11
9:27サシバ17+J1
9:32サシバ5
9:42サシバ2ノスリ1
9:48サシバ2
9:58チョウゲンボウ1
10:05サシバA1
10:10ノスリ1
10:11オオタカJ1
10:19サシバ4
10:24サシバ5
10:25サシバ1
10:35サシバ3エゾビタキ1
10:45ノスリ1
10:48オオタカA2
11:10サシバ1
11:18チョウゲンボウ1
11:35チゴハヤブサ1
[PR]
by synthliboramphus | 2011-09-23 18:57 | 鳥見 Birding
防鳥ネットの設置状況と9月の昼間カウントを実施。
お手伝いいただいたOさん、ありがとうございます。

調査地ではじめて鶴が見れて感激。やっぱりはすだが良く似合う。
カモがちょっとしかきていなかった。ミズアオイが花盛り。

2011/9/22 Ibaraki pref.
10:30-19:00

Spotted redshank 2juv
Green sandpiper +
Wood sandpiper ++
Common snipe +
Common sandpiper +
Eurasian coot +++ including some chicks
Moorhen +++
Osprey 1ad+1
Gadwall 1male injured inividual that has stayed summer.
Mallard +male
Black-headed gull 110+ad

d0146038_2233966.jpg

d0146038_22331846.jpg

[PR]
by synthliboramphus | 2011-09-22 22:33 | 鳥見 Birding
鳥学会期間中に勝手エクスカーション。案内してくださったWさん、ありがとうございました。
ピンピンしている個体はみつからなかったが、チュウジは8個体も見れて楽しめた。
ドブみたいな3面張りの河川にも緋水鶏がいてびっくり。ため池と湿地環境の豊かさが生息環境の基盤なのだろうか。

2011/9/19 Hyogo pref.
7:30-12:30

Swinhoe's snipe 8
Common snipe ++
Greater painted snipe 1juv
Ruff 2juv-male
Black-tailed godwint 1juv.
Long-toed stint 1juv.
Marsh sandpiper 2juv.
Grey-headed rapwing 2ad
Common sandpiper 1
Pacific golden plover 1
Ruddy crake 2+

d0146038_0312398.jpg
d0146038_0311729.jpg
d0146038_0311082.jpg
d0146038_0313115.jpg

[PR]
by synthliboramphus | 2011-09-20 20:27 | 鳥見 Birding
2011/9/11 Ibaraki pref.

site1: 5:00-11:00
Baillon's crake 1call jirirrrr…
Yellow bittern 1juv
Common snipe 2+
Common buzzard 1juv

site2:12:30-14:10
Swinhoe's snipe 7;2ad+5unknown
Unknown snipe 1

site3:around 14:50
Swinhoe's snipe 1
Common snipe 1

site4:15:00-18:00
Swinhoe's snipe 7
Common snipe 2+
Ruff 4juv;3male1female
Wood sandpiper +
Pacific Golden plover 50+ including 5+juv.
Mongolian plover 1ad
[PR]
by synthliboramphus | 2011-09-12 00:40 | 鳥見 Birding
9月17日~19日に大阪市立大学杉本キャンパスで行われる日本鳥学会2011年大会で、以下の内容でポスター発表します。大会サイトはこちら

「防鳥ネットでレンコン食害を防げるか?;ハス田への水鳥の飛来数を決定する要因」

【背景・目的】
 農地は自然湿地の代替生息地としての役割を果たしている。特にハス田は冬季湛水されるため、日本国内ではカモ類などの水鳥に多く利用されている。その一方で、商品作物であるレンコンの食害が問題になっており、効果的な被害対策の開発が求められている。被害の比較的大きい茨城県内では平成16年頃からカモ類の食害を防止するためにハス田に防鳥ネットが張られているが、その食害防止効果の検証は行われていない。本研究では、以下の2点を目的とした。
(1)主要な加害種を特定すること、
(2)ハス田への水鳥類の飛来数を被害の指標とし、防鳥ネットの食害防止効果を検証すること

【対象・方法】
土浦市・かすみがうら市にまたがる霞ケ浦西部のハス田を調査地とした。防鳥ネットが張られている圃場48か所(全面25か所、天井のみ23か所)、張られていない圃場32か所の合計80圃場を選定した。2011年2月~3月の20:00~翌日1:00に6回、日中に3回のセンサスを行った。観察は肉眼・双眼鏡・サーチライトを使用し、調査地内を自動車で移動し、圃場ごとの水鳥類(コウノトリ目・カモ目・クイナ目・チドリ目)の個体数と種名を記録した。また、センサス中および任意の直接観察により、レンコンを採食していた種を記録した。

【結果】
 直接観察により、ハス田でレンコンの採食が記録されたのは、コブハクチョウ・カルガモ・マガモ・コガモ・ヒドリガモ・オオバンの6種であった。6回の夜間調査で延べ886個体の水鳥類が対象圃場でカウントされ、カモ類が全体の94%であった。各圃場における個体数は0~28個体であり、日ごとの80圃場全体の個体数は109~195個体であった。圃場・センサスあたりの水鳥の飛来数は、防鳥ネットを全面に張った圃場では1.26±2.94(平均±SD)個体、天井だけに張った圃場では1.47±3.48個体、ネットを張っていない圃場では2.57±4.55個体であった。日中のセンサスでは前述の6種は観察されなかった。

【考察】
 直接観察・センサス結果から、2~3月における主要な加害種はカモ類であり、ほとんどが夜間に飛来すると考えられた。防鳥ネットを張った圃場では、張っていない圃場にくらべて飛来個体数がやや少ない傾向がみられた。しかし、飛来を完全に防ぐことはできていないため、防鳥ネットの設置・管理にかかるコストと、設置により得られる収量低下防止の利益を検討することが重要であると考えられる。
 ポスター発表ではネットと圃場の面積、またそれ以外の環境要因を説明変数に組み込んだGLMM(一般化線形混合効果モデル)による解析結果をもとに、ハス田におけるカモ類によるレンコン食害の適切な対策について議論する。
[PR]
by synthliboramphus | 2011-09-08 22:34 | 雑記 Others
2011/9/7 Ibaraki pref. 6:45-10:05

Swinhoe's snipe 10:3ad,3juv,4unknown
Latham's snipe? 1juv
Swinhoe's or Latham's 6
[PR]
by synthliboramphus | 2011-09-07 16:05 | 鳥見 Birding
2011/9/6 Chiba pref. 5:15-12:00

Swinhoe's snipe 7: 2ad,3juv,2unknown
Latham's snipe 2juv-1stw
Swinhoe's or Latham's 3
Common snipe 11+

Ruff 19;male-juv10,female-ad1,female-juv8
Sharp-tailed sandpiper 3juv.
Long-toed stint 7+juv.
Red-necked stint 20+juv
Little stint 1juv
Redshank 5juv
Greenshank 3juv
Wood sandpiper +juv
Green sandpiper 2juv
Pacific golden plover +++
Little ringed plover ++
Osprey 2
Northern goshawk 2:1female-3cy?, 1juv
Kestrel 1male
[PR]
by synthliboramphus | 2011-09-06 15:52 | 鳥見 Birding