<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

11月22日 ハイタカ つくば市天王台
シジュウカラが激しく警戒声を出しているので見あげると低空で旋回していた。
深い青空と、赤茶色に紅葉したメタセコイアと、ハイタカの白い腹がとても美しく、
しばらく見入ってしまいました。

月末は、海鳥の調査の研修に愛知に行ってきます。
船から鳥までの距離をどのようには測るか、少しでも技術を身につけたいと思います。

統計の勉強をそろそろ本格的に始めようと思います。
12月末に東京で行われる勉強会に参加する予定です。それまでに基本的な予習をしておかなければ。とりあえず教科書を通読しよう。

12月はそこそこ帰れそうなので、三浦半島のフィールドで両生類の産卵池堀りなど行う予定。肉体労働の季節がやってくる。
[PR]
by synthliboramphus | 2008-11-25 01:46 | 雑記 Others
すこし鳥見にいってきました。

d0146038_941051.jpg
2008年11月茨城県
エリマキシギとオオハシシギ

エリマキは写真の個体は成鳥♂で、ほかに幼羽→第一回冬羽の♀が2個体いました。
成鳥では足がオレンジなのですね。きれいでした。

牛舎の横で「ピジュ」とないて飛んで行った尾が短めのセキレイがいたので、ツメナガセキレイだろうなと思っていたら、数時間後にそこで見つかったそうです。自分の耳に少し自信がつきました。

タゲリが300~500くらいの群れで乱舞していて感動しました。
ケリが一羽だけ入っていました。
他に、コチョウゲンボウ、ミヤマガラス、チュウヒ、オオヒシクイなど。

シベリアジュリンの♀と思うジュリンを1羽見ました。
一見して小さく、全身セッカかと思うくらいのクリーム色で、「シュイ―ン」というオオジュリンより細い声で鳴いていました。顔には大きい黒い模様がなく、のどの黒線が少し目立っていました。
ちかくのおじさんに話したところ、まったく話を聞いてもらえずに「オオジュリンだろう」と一蹴されましたが。
これを見ていたせいで、目的の鳥(サギ)を見逃しました。


d0146038_9551136.jpg
オオハシシギ2個体
左の個体は肩羽に幼羽が残っています。幼羽が残っていたのは6羽中この1個体だけでした。
[PR]
by synthliboramphus | 2008-11-18 10:01 | 鳥見 Birding
11月12日 ツグミ 茨城県守谷市
十数羽の群れで飛び回る。姿を今年初めて見た。

いつの間にか、アオジが増えてきた。
田んぼではタヒバリの声を多く聞くようになった。


中古の原付を購入した。
エンジンのかかりが異常に悪く、これから先が思いやられる。
[PR]
by synthliboramphus | 2008-11-12 01:04 | 鳥見 Birding