<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0146038_07188.jpgトウキョウサンショウウオ♂ 2008年2月18日
頭のない死体。2月15日と同じ場所です。
このほかにももう一個体同じように頭のない死体がありました。大きな♂の成体で、いままで長生きしていたであろう立派なサンショウウオでした。

生息地の破壊とアライグマの侵入が同時におこっている場所です。
サンショウウオは何も知らずに今年も産卵に来ています。
[PR]
d0146038_23494445.jpgガビチョウ 2008年2月18日 三浦半島
モズかカケスがクロツグミの真似してるのかな?と思って小さい音でケイタイで声を確認していると、目の前の枝に止まって大声で鳴き始めました。
個人的には三浦半島で初めて見ましたが、90年代から記録はあるようです。

県央部では数年前冬でもたくさん鳴いていましたが、最近はどうなのでしょうか。
[PR]
by synthliboramphus | 2008-02-20 23:55 | 鳥見 Birding
半日カンムリウミスズメ調査でした。個人的に今シーズン初認でした。
やはりすごい場所なんだということを再認識しました。
うねりがある中で行動を記録するのは難しいですね。遠いし。

d0146038_2322976.jpgミツユビカモメ成鳥冬羽 2008年2月17日
今年はじめてみたミツユビカモメ。
釣り人が撒くコマセをずっと(調査していた5時間くらい)狙っていました。見た目は普通でしたが、異常がある個体なのかもしれないと感じました。

追記:この春は、ミツユビカモメが岩礁の釣り人の撒くコマセについていることが何回かありました。そうした個体は特に弱っているわけではないようです。
[PR]
by synthliboramphus | 2008-02-17 23:33 | カモメ Gulls
d0146038_19215569.jpgトウキョウサンショウウオ♂ 2008年2月15日
成体みっけ!と捕まえると、頭に裂傷があり瀕死状態でした。頭を何者かにかじられたような跡です。こうした個体を見つけると、本当に悲しくなります。

被食の被害がが必ずしもアライグマによるものとは限りませんが、水辺にセンサーカメラをつけると写る頻度はタヌキとは比べ物にならないくらい多いそうです。



d0146038_19263772.jpgこんな感じの環境です。雪の日は、タヌキ、アライグマとも足跡があった場所です。
[PR]
d0146038_22295683.jpg3日に降った雪が残っていて、やぶ漕ぎをすると雪が長靴の中にいっぱい入ってくる今日このごろです。
雪の上にはタヌキ、ノウサギ、ネコ、タイワンリスなどの足跡がよく残っています。
キクイタダキの小群を観察しました。ことしは多いそうですね。

アライグマの捕獲調査が始まりました。毎日勉強させてもらっています。

昨日、トビが木の枝を咥えて飛んでいきました。
[PR]
by synthliboramphus | 2008-02-06 22:39 | 雑記 Others
d0146038_23433499.jpgウミウ非生殖羽。2008年2月1日撮影。
海草に絡みついた釣り糸に絡まっていました。写真にはオレンジ色のウキのようなものが写っています。
普通に潜水していましたが魚を取ったところは見れませんでした。
根がかりしたものに直接ひっかかったのでしょうか。


d0146038_23444970.jpgカモメ幼羽→第一回冬羽。2008年2月1日撮影。
嘴にテグスが絡み付いていました。
[PR]