カテゴリ:雑記 Others( 54 )

2012年秋以降更新停止中です。
最近の私の動向はこちらをどうぞ。
http://twilog.org/scolopax_odenya
[PR]
by synthliboramphus | 2014-05-28 18:53 | 雑記 Others
d0146038_22583780.jpgデカム


生態学会から戻ってきて@つくばです。生態学会でポスター発表にコメントくださったみなさまありがとうございした。発表数が多すぎて見切れない発表もありましたが、とても楽しい学会でした。
23日に神奈川でカワウ調査、24日には海鳥船調査を予定していますが、どちらも天候よくないです。雨でも船はでますが、どうなることやら。25日には、久しぶりに海鳥観察会に参加する予定です。今年初めてカンムリウミスズメをみれそうですごく楽しみです。

名城大学の橋本さんが、琵琶湖でオオバンにウィングタグを装着して渡り経路と繁殖地を調べています。詳しくはこちら→
http://www.ne.jp/asahi/hashi/hashi8/res/ooban.html
もしウィングタグを付けた個体を観察されたら、ご連絡してくださるようお願いします。
[PR]
by synthliboramphus | 2012-03-22 23:00 | 雑記 Others
3月17-21日に行われる日本生態学会59回大会/EAFES5で、18日のポスターセッションで発表します。
Do bird-nets contribute to prevent lotus-roots feeding damage by waterbirds?
Odaya, Y.(Tsukuba Univ.) , Yamaguchi, Y.(National Agricultural Research Center)
要旨はこちら

25-28日まで銚子でカモメみて現実逃避します。楽しみ。
[PR]
by synthliboramphus | 2012-02-24 13:28 | 雑記 Others
あけましておめでとうございます。

d0146038_1910082.jpgトキぢゃないよ 2011年1月3日


今年はM1になるよていで、本格的に研究に没頭したい1年です。
鳥や野生動物のフィールドワークも楽しんでやっていきたいと思います。
目下、アルバイトぎょうむをなんとか進めるのと、卒論をなんとかするのが課題です。

昨年内に、第一著者となった短報が一つ受理されました。
小田谷嘉弥・森越正晴・柴田久元・須藤伸三(2012) 「相模湾におけるクロウミツバメの観察記録」 山階鳥類学雑誌43巻2号(印刷中)
ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。
相模湾での海鳥調査のうち初アクセプトです。これから主要な結果を順次(わすれないうちに)論文化してきたいと思います。

ではでは、本年もよろしくおねがいいたします。


*この記事は1月8日に投稿しました
[PR]
by synthliboramphus | 2012-01-01 01:57 | 雑記 Others
d0146038_18465611.jpg卒研調査地 2011年11月23日


11月14日~27日のフィールドノートをアップしました。

若干ハードだった博物館実習が終わり、すこし小休止状態な今日この頃です。
卒研の解析・まとめ、論文よみバイト、観察記録の改訂、来シーズンの海鳥調査の準備と、僕としては仕事の多い師走になりそうです。すっきりと2012年を迎えられるよう、がんばりたいとおもいます。
[PR]
by synthliboramphus | 2011-12-01 18:57 | 雑記 Others
d0146038_1112959.jpg天王寺駅前


・9月の更新していなかったFNを何件か追加しました。ジシギの画像整理が9月6日分からできてませんので、整理したら適当に追記します。

・大学院に合格しました。系統進化の研究室に所属し、海鳥を対象に保全遺伝学的研究をする予定です。
・卒研の解析に大問題が発覚(9月13日)、ポスター大改訂(9月15・16日)、というかんじでばたばたしました。
・鳥学会@大阪市立大に参加してきました。公開シンポジウムをはじめ分類や、行動・渡り関係で面白い発表がいくつかありました。自分はポスター発表で話疲れました。次は口頭か要点を押さえたポスターで挑みたいです。

・9月から、バードライフ・インターナショナル・アジア・ディビジョンでmarine IBA選定にかかわるアルバイト業務で雇用されました。
・10月22~28日に新潟県福島潟でバンディング講習会の実技講習を受講します。
・11月中~下旬に国立科学博物館(つくば)で学芸員実習を受講します。
・10月31日~12月上旬に霞ヶ浦周辺で卒研の野外調査(秋期)を行います。

・というわけで、どたばたと忙しいシーズンに突っ込みそうです。しっかり心と体の準備をしなくては。
[PR]
by synthliboramphus | 2011-09-26 01:12 | 雑記 Others
9月17日~19日に大阪市立大学杉本キャンパスで行われる日本鳥学会2011年大会で、以下の内容でポスター発表します。大会サイトはこちら

「防鳥ネットでレンコン食害を防げるか?;ハス田への水鳥の飛来数を決定する要因」

【背景・目的】
 農地は自然湿地の代替生息地としての役割を果たしている。特にハス田は冬季湛水されるため、日本国内ではカモ類などの水鳥に多く利用されている。その一方で、商品作物であるレンコンの食害が問題になっており、効果的な被害対策の開発が求められている。被害の比較的大きい茨城県内では平成16年頃からカモ類の食害を防止するためにハス田に防鳥ネットが張られているが、その食害防止効果の検証は行われていない。本研究では、以下の2点を目的とした。
(1)主要な加害種を特定すること、
(2)ハス田への水鳥類の飛来数を被害の指標とし、防鳥ネットの食害防止効果を検証すること

【対象・方法】
土浦市・かすみがうら市にまたがる霞ケ浦西部のハス田を調査地とした。防鳥ネットが張られている圃場48か所(全面25か所、天井のみ23か所)、張られていない圃場32か所の合計80圃場を選定した。2011年2月~3月の20:00~翌日1:00に6回、日中に3回のセンサスを行った。観察は肉眼・双眼鏡・サーチライトを使用し、調査地内を自動車で移動し、圃場ごとの水鳥類(コウノトリ目・カモ目・クイナ目・チドリ目)の個体数と種名を記録した。また、センサス中および任意の直接観察により、レンコンを採食していた種を記録した。

【結果】
 直接観察により、ハス田でレンコンの採食が記録されたのは、コブハクチョウ・カルガモ・マガモ・コガモ・ヒドリガモ・オオバンの6種であった。6回の夜間調査で延べ886個体の水鳥類が対象圃場でカウントされ、カモ類が全体の94%であった。各圃場における個体数は0~28個体であり、日ごとの80圃場全体の個体数は109~195個体であった。圃場・センサスあたりの水鳥の飛来数は、防鳥ネットを全面に張った圃場では1.26±2.94(平均±SD)個体、天井だけに張った圃場では1.47±3.48個体、ネットを張っていない圃場では2.57±4.55個体であった。日中のセンサスでは前述の6種は観察されなかった。

【考察】
 直接観察・センサス結果から、2~3月における主要な加害種はカモ類であり、ほとんどが夜間に飛来すると考えられた。防鳥ネットを張った圃場では、張っていない圃場にくらべて飛来個体数がやや少ない傾向がみられた。しかし、飛来を完全に防ぐことはできていないため、防鳥ネットの設置・管理にかかるコストと、設置により得られる収量低下防止の利益を検討することが重要であると考えられる。
 ポスター発表ではネットと圃場の面積、またそれ以外の環境要因を説明変数に組み込んだGLMM(一般化線形混合効果モデル)による解析結果をもとに、ハス田におけるカモ類によるレンコン食害の適切な対策について議論する。
[PR]
by synthliboramphus | 2011-09-08 22:34 | 雑記 Others
d0146038_15522711.jpg

d0146038_155239100.jpg
d0146038_15525069.jpg

[PR]
by synthliboramphus | 2011-08-04 15:53 | 雑記 Others
明日から4日くらいまで東北地方(宮城・福島を予定)へ行ってきます。
震災ボランティアと津波被災地の環境を目で見てくることが目的です。

基本的にはメール見れませんので、御用の方は携帯にご連絡ください。
[PR]
by synthliboramphus | 2011-07-31 16:21 | 雑記 Others
4年の僕はあんま関係ないですが、夏休みに突入しました。
2日に山で遊び、3日に海で調査、5日に池で作業してきました。

6日夜に竹芝を出て12日まで三宅島に滞在します。
研究室メンバーの植生調査などの手伝いのよていですが、鳥も見てくるつもりです。
メールは一応見れるようですので、通常通りご連絡くだされば対応できると思います。
それではー。
[PR]
by synthliboramphus | 2011-07-06 16:49 | 雑記 Others